【梅雨直前】雨の日の愛犬の散歩はどうしてる?ドッグトレーナー監修の雨対策をご紹介

愛犬の散歩…雨の日はどうしたらいい?
梅雨の時期になり、雨の日が続くと愛犬との散歩がストレスに感じてしまうこともあるのではないでしょうか。
「雨が降っていても、本当に散歩にいくべきなの?」と疑問に思う方必見!犬のプロ!ドッグトレーナーの出口先生に雨の日の散歩のメリットデメリット、正しい準備や対策について聞いてみましょう。

Your Petia所属/プロドッグトレーナー

Ayaka Deguchi

ドッグトレーナー歴10年。動物専門学校のドッグトレーナー学科を卒業後、オーナー様の思いに寄り添い、犬たちの個性や性格を見極めながら、最善のトレーニング方法を提案し、数々のトレーニングを行ってきました。現在は現場に立ちながら、ドッグトレーナーの教育にも力を入れています。1人でも1頭でも幸せに暮らせる様にお手伝いができたら…!!そんな思いでオーナー様や愛犬たちと向き合っています。

雨の日散歩のメリット

雨の日散歩のメリット

①愛犬の新たな刺激として役立つ

雨の日の散歩は、愛犬にとって新たな刺激となります。
雨の音や湿った空気、そして濡れた路面などが愛犬の興味を引き、精神的な刺激としても役立ちます。
また、雨の日の散歩は愛犬とのコミュニケーションを深める良い機会でもあります。

②運動不足の解消

雨の日でも定期的な運動を行うことで、愛犬の健康維持や体力向上につながります!
そして運動不足の解消はワンちゃんのストレス解消にも繋がります。

雨の日散歩のデメリットや注意するべき点

雨の日散歩のデメリットや注意するべき点

①愛犬の健康リスク

雨の日の散歩には愛犬の健康リスクがあります。
愛犬が濡れることで体温調節が難しくなり、冷えやすくなる可能性があります。
特に寒がりな犬種や高齢の犬は、体調を崩す可能性が高まります。

②安全面の注意が必要

雨の日は路面が滑りやすくなり、散歩中の事故やケガのリスクが増加します。
特に犬の足が滑りやすい場所や交通量の多い道路では十分な注意が必要です。
また、雷や突風などの悪天候による危険も考慮する必要があります。

③愛犬のストレス

雨の日の散歩が愛犬にとってストレスになる場合があります。
濡れることや不快な天候下での散歩は、愛犬にとって不安やストレスを引き起こす可能性があります。

特に散歩が苦手な犬や、雨音や雷音に敏感な犬は、雨の日の散歩を嫌がることがあります。
それでは具体的な雨の日の対策をお伝えします。

ドッグトレーナーに聞く!雨の日の散歩対策とは?

ドッグトレーナーに聞く!雨の日の散歩対策とは?

愛犬との雨の日の散歩を楽しむためには、適切な事前準備をすることが大切です。
防水性の装備で愛犬の体を濡れから守ったりなどいくつか対策があります。

下記にまとめましたので、自分の愛犬にあったものを選択して対策をしましょう!
万全な準備をすることで、雨の日散歩のハードルがぐっと下がると思います!

▽散歩中に必要なもの
  • 防水性のレインコートやポンチョ
    愛犬の体を雨から守ります
  • 防水性のブーツ
    肉球が傷つきやすい子や傷がついている子は用意しましょう 愛犬の足を濡れから守り、滑りやすい路面での安全を確保します。
  • タオル
    散歩後に愛犬の体をしっかりと乾かし、冷えや感染症のリスクを軽減します。また帰宅してからすぐに拭けるように玄関にも1枚おいておくとよいと思います
  • バッグやキャリア
    老犬や疲れやすい子の場合は、愛犬が疲れたり、濡れてしまったりした場合のためにバッグを持参し、愛犬を運ぶ準備をしておきましょう。
  • 濡れてもよいリードや首輪、ハーネス
    革製の物は雨に濡れる事で劣化してしまう恐れがあります。衛生面を考えても洗える素材の物や防水の素材を選ぶようにして下さい。
以上が愛犬の雨の日散歩に用意するものになります。
愛犬のことだけで、忘れがちですがもちろん自身の防水性の装備も忘れずにしましょうね!

雨の日の散歩のポイント

雨の日の散歩のポイント

安全なルートを選び、愛犬の快適さを考慮した行動を心がけましょう。
路面が滑りやすいため、安全な道を選んで散歩することが重要です。
交通量の多い道や水たまりの多い場所などは避け、愛犬の安全を確保しましょう。

急な強風や雨なども考えられるため、なるべく近場や屋根のある場所を選んで散歩することもおすすめいたします。

雨の散歩から帰宅後にするべきこと

雨の散歩から帰宅後にするべきこと

ワンちゃんの雨の日の散歩から帰宅した後は、以下のようなお手入れ方法がおすすめです。
濡れてしまって体が冷える前に帰宅後すぐに対応することが大切です!

①愛犬の体を拭く

雨の日の散歩では愛犬の体が濡れていますので、まずは愛犬の体全体をタオルで優しく拭き取ります。
特に足やお腹、背中など水分が残りやすい部分を重点的に拭き取りましょう。

②愛犬の足のケア

雨の日の散歩では愛犬の足が泥や水で汚れやすいです。
愛犬の足を洗いたい場合は、ぬるま湯で洗い流し、必要に応じて愛犬用のシャンプーを使用します。
洗った後はしっかりと乾かし、足の間の水分を拭き取ります。  

犬用シャンプーの選び方をもっと詳しくしりたい>>

③ブラッシング

雨の日の散歩で愛犬の被毛が濡れたり汚れたりすることがあります。
帰宅後には、愛犬の被毛をブラッシングして汚れや泥を取り除き、毛並みを整えます。
特に長毛種の場合は、被毛が絡まらないように注意しましょう。

④耳や目のケア

雨の日の散歩後は、愛犬の耳や目も濡れることがあります。
帰宅後には、愛犬の耳や目周りを乾いた状態に拭き取ります。
耳の中は湿気がたまりやすいので、耳掃除をする場合は専用のイヤークリーナーを使用し、優しく汚れを除去します。  

耳のケア方法を詳しく知りたい>>

⑤ご褒美におやつをあげる

雨の日の散歩は愛犬にとってもストレスがかかることがありますので、帰宅後には愛犬におやつやご褒美を与えることで、散歩をポジティブな体験として結び付けましょう。

以上のお手入れ方法を行うことで、愛犬が快適で清潔な状態を保つことができますし、愛犬にとっても楽しい雨の日散歩となり、飼い主との絆が深まることでしょう!

雨の日散歩はいくべきなの?

雨の日散歩はいくべきなの?

強風や大雨などの場合は、無理して散歩する必要はありません。
雨の日の散歩はかえってワンちゃんのストレスになる場合もありますので、室内で可能な限り運動不足を解消しましょう!
ボール遊びや、ロープを使った遊びなどをおすすめしてます。

また、外でしかうんちができないワンちゃんの場合は雨の日でも散歩にいくことをおすすめしてます。
もちろん家の前までなどワンちゃんの負担にならないように工夫が必要です。

最近では、室内ドッグランや室内のワンちゃん施設などもあります。
近場でどのようなワンちゃんの施設があるか知っておくだけでも何かあった時に役に立つかもしれません。
不安なことがあればいつでも、お近くのドッグトレーナーや、トリマー、獣医師さんに相談してくださいね!

泡の力で進化したドッグシャンプーを体験してみませんか?

シャンプー

ワンちゃんの肌はとてもデリケート…
自分で言葉を発する事ができないワンちゃんだからこそ

「大切な家族にはいいものを使ってあげたい」

そんな想いを込めて開発したawamiz(アワミズ)ドッグクシャンプーがついに販売されました。

日本発のウルトラファインバブルの技術を駆使したドッグシャンプーawamizは、プロのトリマーさん、看護師さん、ドッグクトレーナーさん、たくさんの方にご協力頂き「何が犬にいいのか?」「どんなものであれば実際に使いやすいのか?」様々な学びと共に、これまで約2年ほど開発を繰り返してきました。

\awamizシャンプーの特徴/

- 敏感肌のペットにも安心な低刺激!
- 皮膚と毛髪を優しく包み込みながら清浄!
- 必要なうるおいを保つ
- 人間用コスメティックと同等の品質を採用。

大切な家族のケアに、ワンちゃんにとってよりよいものを使ってみませんか?
少しでも多くのワンちゃんに届きますように。

日本の伝統と革新が生み出した、進化したドッグシャンプーを体験してみませんか?